色々と試してみた抗うつ剤で相性がよかったイフェクサー

うつ病の原因と症状

皆さんはうつ病という病名を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
今、日本でうつ病の人口比率は世界で一番低いというデータもあります。ですが、患者数は増加傾向にありますので身近な病気に変わりありません。
うつ病とは気分障害の一種であり、抗鬱気分や意欲、興味といったことがわかなくなり、食欲不振や不眠、不安といった症状が現れる精神障害です。
その原因としてハッキリとしたことはまだわかっていませんが、脳内で働く神経の伝達物質の働きが悪くなり、ストレスや体の病気、環境の変化等でいろいろな要因が重なって発病するといわれています。
よくストレスが過剰にかかり力尽きて病気になるケースが多くみられています。
例えば、「親しい友人や家族がなくなった」や「仕事を失った」、人間関係のトラブルなどが原因となり、いろいろな出来事がきっかけとなります。また、性格傾向関係してきます。正義感が強い方や仕事熱心、几帳面な方など他人を尊重し関係を保とうとしている人は、エネルギーの使用量も多いので結果が伴わないなどでエネルギーが消耗すればするほど危険が高まってきます。そのほかにも遺伝的要因なども考えられます。
人の脳内では精神伝達物質というものがあります。その中で「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といわれる人の感情に関する情報を伝達する物質がうまく伝達できなくなり、病気の症状が起きると考えられています。
症状は主に「憂鬱」となり、その期間がずっと続くという点です。
例えば、いつも面白いと思うことや趣味が楽しめなくなったり、何か良いことが起きても気分が良くならなかったりした方は少し注意した方がいいかもしれません。
たとえ病気になったとしても治療薬が沢山開発されていますので、不安になることはありません。
もし、病気かもと思ったら迷わず病院に行って診察してもらいましょう。
症状がわかっていて病院には行きたくないという方であれば、個人輸入代行業者を使って薬を買うのもの使うのも一つの手です。
ハッキリとした原因がわからないのでこれをすれば一番良いとは言えませんが、ストレスを溜めずにこまめに気分転換をとることが病気にならないために大切なのではないでしょうか?